2010年07月30日

アートブック「FLCL フリクリズム プラス プラス」

 約10年前にガイナックスのオリジナル作品として全6巻がリリースされたOVA「フリクリ」。『新世紀エヴァンゲリオン』で副監督を務めた鶴巻和哉氏の初監督作品でもある。
 劇中に登場するバイクや車、主題歌と挿入歌に使われているthe pillowsの曲など、通好みの要素が満載の作品でクオリティも高い。ちなみにこの作品は、カナダ・モントリオールで開催される「ファンタジア映画祭」で2003年度のアニメーション部門の銅賞を受賞している。

 9月には、このフリクリのアートブック「フリクリズム」が10年ぶりに「FLCL フリクリズム プラス プラス」として復刻する。イラストや関係者へのルポもプラスされているようだ。


 その前に8月には、第1話「フリクリ」から最終第6話「フリクラ」までを収録したブルーレイボックスも発売される⇒「FLCL Blu-ray Box 【期間限定版】

 


posted by RD at 19:23| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。